zeebra

Zeebra(ジブラ)

東京を代表するヒップホップ・アクティビスト、Zeebra(ジブラ)

ヒップホップグループ「KING GIDDRA」のフロントマンとして、シーンの拡大に貢献した最重要人物。97年のソロデビュー後、その音楽性の高さから他のアーティストからの信頼も厚く、国内では 安室奈美恵、Dreams Come TrueEXILE、小室哲哉などの著名なアーティストや、Drunken Tiger(韓国)Thaitanium(タイ) などアジアのヒップホップ・アーティストとも客演をこなし、その作品数は100をも超えている。さらに、JAZZミュージシャンの「TOKU」とは、世界の賓客をもてなす老舗ホテル「ホテルオークラ東京」でのディナーショーを始め、TOKU名義での公式フランク・シナトラ生誕100周年カヴァー・アルバムでは、名曲「MAY WAY」にラップで客演するなど話題を呼んだ。また、自身の作品ではDJ PremierJaz-OSwizz BeatzなどUSトップクラスのプロデューサーを招いたり、Damian Marleyの日本公演ではシークレットゲストとしてステージに招かれるなど、国境を超えて作品を残している。

ライブでは、日本武道館でのワンマンライブを始め、「FUJI ROCK」や「ROCK IN JAPAN」、「AIR JAM」、「X-TRAIL JAM」など大型イベントに出演したり、タイで開催された「ASIAN HIPHOP FESTIVAL」に日本代表としての召集や、マカオで初開催された韓国最大の音楽授賞式『2010 Mnet Asian Music AwardsMAMA)』のオープニングアクトにDrunken Tigerらと共に出演を果たしている。2014年、自らが代表となる新レーベル「GRAND MASTER」を設立。次世代を背負うアーティストらと共に新たな動きをスタート。

同年、風営法問題に正面から向き合うため、『クラブとクラブカルチャーを守る会』を設立し、初代会長として昼夜問わずメッセージを投げかけた。

2015年、日本語ラップの教科書的存在でもある「KING GIDDRA / 空からの力」発表から20年を記念してリマスター盤を発売。そのアルバムに収録されている楽曲「フリースタイルダンジョン」を具現化し、自らがオーガナイズするMCバトル番組「フリーススタイルダンジョン」をテレビ朝日にて放送し日本中で話題を呼んでいる。お茶の間からストリートまでを騒がす不可能を可能にする日本人こと Zeebra から目を離すな!!

 

公式HP

https://zeebra.amebaownd.com