EVENT

11.7 SAT
ONLINE DANCE WITH music
&
ONLINE SHOWCASE LIVE

ONLINE DANCE WITH music

SSDW2020
テーマソング
“Yours”
by 三浦大知

ONLINE DANCE WITH musicで
三浦大知とあなたが渋谷の街を舞台に、
オンライン上で共演!
みんなでフィーチャリングステージを
作り上げよう!

SSDW2020アンバサダー「三浦大知」が歌うテーマソング「Yours」に合わせた様々なパフォーマンス動画を事前に募集。ダンスのジャンルや経験、年齢も問いません。フリースタイル(即興)で踊るもよし、振付を考えて踊るもよし。みなさまが「Yours」を聞いて、感じたまま、自由に表現したパフォーマンス動画を投稿してください!

投稿動画は、11/7(土)に配信するSSDW 2020 のフィナーレ「ONLINE DANCE WITH music」で三浦大知のパフォーマンス映像に使用させていただき、三浦大知とあなたが渋谷の街を舞台にオンライン上で共演します!
みんなでフィーチャリングステージを作り上げよう!

テーマソング「Yours」を使って自由な振付のダンスやオリジナルのパフォーマンス動画を撮影。指定パートから好きなパートを選び、踊ろう!
年齢、性別、居住地、ダンスのジャンル、経験を問わず、誰でも参加が可能です。
※動画に映る人数は1名までとしてください。

指定のハッシュタグ「#SSDW2020」「#Yours」「#三浦大知」をつけて撮影したパートの番号をコメント欄に記入し、動画を【Instagram】に投稿。
※リール投稿推奨。
※ストーリーズは不可。
※フィード投稿も可、ただし音源はご自身でご用意頂き、撮影してください。

投稿動画は、11/7(土)に配信されるSSDW 2020 のフィナーレ「ONLINE DANCE WITH music」の三浦大知のパフォーマンス映像またはエンドロール内に使用させていただき、三浦大知とあなたが渋谷の街を舞台にオンライン上で共演します。
みんなでフィーチャリングステージを作り上げよう!

Yours 投稿パート
1パートから投稿可能!
最大6パートまで投稿できます!

お好きなパートを選び、
パフォーマンスを撮影、
投稿してください。
撮影する端末は、
必ず「縦」向きにしてください。
※注意事項を必ずお読みください。

投稿期間:10月1日(木) 12:00〜10月25日(日) 23:59

リール投稿について

  • Instagramのホーム画面の左上にある「📷」カメラマークまたは「+」投稿ボタンを選択
  • 画面下部に表示されるオプションから「リール」を選択
  • 画面の左側に表示されるクリエイティブツール内「♫」音符マークを選択
  • 三浦大知の「Yours」を検索し、楽曲を選択
  • 画面下部に表示されるメモリを操作し、踊りたい指定パートの秒数に合わせ、右上の「完了」ボタンを選択
    ※指定秒数の前後に1~2秒ほど余裕を持って投稿をお願いいたします
  • ・事前に撮影した映像を使用する場合
    左下のカメラロール画面をタップし、映像を選択
    →映像のスタート地点を画面下部のメモリで調節し、右下のチェックボタンを選択
    →カメラ画面に戻ったら、右下の「>」ボタンを選択
    ・リールカメラで撮影する場合
    中央の撮影ボタンをタップし、パフォーマンス動画を撮影
    →指定のパートを撮り終えたら、右下の「>」ボタンを選択
  • 投稿映像を再度確認後、もう一度右下の「>」ボタンを選択
  • 投稿画面内中央の「フィードにもシェア」を必ずONにし、指定のハッシュタグと撮影したパートの番号を
    キャプションに記入。確認後、画面下の「シェア」を選択して投稿完了
    ※記入漏れのないようご注意ください

注意事項

下記の内容をご確認、ご同意の上、動画を投稿してください。

Instagramに投稿された動画は、 Shibuya Street Dance Week 2020 のONLINE DANCE WITH musicの映像またはエンドロール内で使用させて頂きます。必ずしも全ての投稿動画が使用されるとは限りませんので予めご了承ください。

・投稿する動画に映る人数は1名までとしてください。
・端末は必ず縦向きで撮影してください。
・動画の投稿はリール投稿を推奨します。フィード投稿も可としますが、その場合は音源をご自身でダウンロードし撮影してください。
・ストーリーズ投稿は不可とします。
・ Instagramの1アカウントにつき、1パート、1投稿まで有効となります。各パートにつき、複数回の投稿は無効となりますのでご注意ください。
・指定された募集パートの秒数より短い投稿は無効となります。指定秒数の前後に1~2秒ほど余裕を持っての投稿をお願いいたします。
・加工した音源を使用した投稿は無効となりますので、ご注意ください。
・撮影が禁止されている場所、及び危険な場所での撮影はお控えください。
・撮影において法令に違反・抵触する⽅法・⾏為は絶対に⾏わないでください。また⼤声を出す・⼤⾳量で⾳楽を流す、道を塞ぐなど、第三者に迷惑になる⾏為は控えて撮影を実施してください。
・投稿動画に第三者の権利(知的財産権を含む)が含まれる場合、必ず投稿前に 権利者から当該権利の使⽤につき、使⽤許諾を得てください。

ONLINE SHOWCASE LIVE

渋谷の新名所「MIYASHITA PARK」を縦横無尽に使った、旬なダンサー・ダンスチーム全7組によるSSDWスペシャルワンカットショーケースをお届けします。

AMI(GOOD FOOT / REDBULL BCONE ALLSTAR)
2019年に初代Red Bull BC One B-Girlチャンピオンとなり、世界を飛び回るトップブレイカーとして、日本のブレイキンシーンの層の厚さと実力をあらためて示した。カナダ、米国、ヨーロッパを回りながらいくつものトロフィーを手にし、さらには女子ブレイキンシーンを牽引するレジェンドたちと共にワールドツアーにも出ており、そのキャリアはまだ始まったばかりだ。
Blacklllmurai
日本のKRUMP界を代表する3人KROW、KTR、ARESからなるKRUMP TEAM。国内トップクラスのスキルを持ち、それぞれが多方面においてKRUMPの本質を魅せながら多くの人にその魅力を伝えている。個々の経歴の素晴らしさはもちろん、世界からの注目度も高く、今後の活動に多くの期待が寄せられている今最も注目すべきチームともいえる。そんな3人のサムライが魅せる黒いKRUMPは圧巻、言葉では伝えきれない極限のショーを是非、見て感じてほしい。
Sota & Kazashi & kooouya from GANMI
2015年に日本から全世界に”エンターテインメント”を発信すべく、男だけで結成されたダンスクルー。
2016年にアメリカ・ロサンゼルスで開催されたダンスの世界大会『VIBE DANCE COMPETITION XXI』での日本チーム初の優勝を皮切りに、TV出演やCM、アーティストの振付・LIVE演出、バックダンスに加え、国内外問わずワークショップやパフォーマンスを行なっており、『日常をエンターテイメントに』というスローガンの元、社会活動の一環として小学校などでもダンスのレッスンを行っている。また、GANMIは、『CHOREOMUSIC』と呼ばれる、ダンサーが主体となってアーティストとコラボし、楽曲を作り上げていく新たなスタイルを確立させている。
『TOKYO GANMI SITE』と呼ばれるワンマンダンスライブを定期開催する他、2019年には『JG計画』と題し、クラウドファンディングを用いた全国47都道府県での無料ワンマンライブツアーも成功させている。今後も勢いが衰えないダンスクルーである。
今回はSSDW2020のスペシャルワンカットショーのために、Sota,Kazashi,kooouyaの息ぴったりの3人が出演。
Miyu
8歳から本格的にダンスを始める。キッズダンサー時代は“ONPARADE”として数々のコンテストで連続優勝し、「スター☆ドラフト会議」や企業CMなど、テレビでも活躍。2017年、パリで開催された世界最高峰のダンスバトル「JUSTE DEBOUT 2017 WORLD FINAL」HOUSE部門で師匠と共に優勝、19歳にして世界一の称号を手にするなど、国内外の数々のバトルで優勝多数。また“Alaventa”としてチーム活動も行い、「JAPAN DANCE DELIGHT」では3位獲得。日本だけでなく海外からもワークショップやバトル審査員に招聘されるなど、ワールドワイドに活躍する若手ハウスダンサーである。ストイックさに裏打ちされた確かなダンススキル、モデルもこなすルックスとファッション性、そして常にチャレンジする姿勢…多くの人を惹きつけるポジティブなパワーで、ダンスシーンだけでなく積極的に活躍の場を広げている。
NADiA
3才よりクラシックバレエをはじめる。後に16歳で小松原庸子スペイン舞踊団に入団し、フラメンコダンサーに転向。その他コンテンポラリー、ジャズ、ヒールテクニック、ヒップホップ、ラテンダンスなどを得意とする。数々の著名アーティストと共演し、ライブや舞台、映画など多方面でのコレオグラファーとして活躍の場を広げている。
Revety(TAKARA&YUI)
TAKARA、YUIの若き男女で構成されるSOUL&LOCKIN’ Dance Team。現在結成3年目ながら、既にバトルやショー、コレオグラファーとしても実績をあげ、勢いを増すその活動は国境を超えはじめている。各々がオリジナルスタイルを追求しながらも、共鳴する二人だからこそ生まれるシンクロスタイルと、類まれなる表現力を武器に、いま次世代で最も注目を集め目が離せないDuo。
yu-ki.☆ (ファンファーレ)
10歳から北海道でダンスを始め、現在はPOPというジャンルを通して、独特のミュージカリティと感覚・繊細さでどんな音楽へも寄り添う、ダンスと音楽への愛に溢れたダンサー。17歳で、初海外の台湾のPOPBATTLE 「Funkzilla Game 2013 FINAL student side」に当日予選から参加し、800人以上の参加者から勝ち上がり、優勝。国内では「マイナビDANCE ALIVE HERO'S 2020 KANTO CHARISMAX ALL STYLES」で優勝、またアーティストとの繋がりもあり「LastElectro "Pentatonic love" 」MV出演、チームであるファンファーレとしては、「JAPAN DANCEDELIGHT vol.21 vol.22 vol.26 FINALIST」になるなど、幅広く活動している。独学で学び始めた韓国語も堪能である。
EVENT MENU
11.1 SUN ONLINE SSDW CONTEST
11.3 TUE ONLINE DANCE LESSON&ONLINE HIPHOP LEARNING
11.7 SAT ONLINE DANCE WITH music&ONLINE SHOWCASE LIVE